Gear Change

ギギアルのブログ。ポケモンのパーティとか

【シャドバTOG】復讐ヴァンパイアにエルタを採用していた話

こんにちは。ギギアルです。間違えましたベルフェゴールです。今回は、ナーフ直後から最近までずっと使っていたヴァンパイアの構築メモです。携帯から更新しているのでレイアウトは適当。

f:id:gigir_poke:20170614111310p:plain

デッキは以上の通り。通常の復讐ヴァンパイアと比べると、ユリウスや御言葉の天使が不採用です。少し後半戦に寄せ、かつマリガンが明瞭なデッキにしています。

特筆すべきカードは以下。

f:id:gigir_poke:20170614112011p:plain

ちゃんと歌えるかなぁ…

ネクロマンサーのヘクターケルベロスネフティス、ドラゴンのバハムート巫女グリームニルなどに対してのメタカードとして採用。復讐ヴァンパイアのピークターン〜フィニッシュは5〜8ターン目であり、この時間帯には上記のような多くのパワーカードを相手が使ってきます。その計算を(カオスシップ or 2pp)+進化で大きく崩すことができるエルタはとても優秀であると考えました。

手札にバーストダメージを多く抱えることができるこのデッキは、盤面にカードを残しやすい(=1枚のカードに複数の処理をさせにくい)エルタとの相性は良かったように感じます。スタッツの低さから、スペルなどによる全体除去が裏目になるのが弱点。無闇に進化させるのではなく、相手のキーカードのプレイ直前で進化させるのがポイント。

f:id:gigir_poke:20170614113513p:plain

ベルフェゴールへの4ターン目アクセス率をより高める為に採用。

f:id:gigir_poke:20170614113744p:plain

ネクロマンサー意識の3枚採用。死の祝福が2ppで返るのは強い。減らすならこちらより鋭利な一裂き。

f:id:gigir_poke:20170614113947p:plain

現環境のヴァンパイアであれば多くのデッキタイプで1〜2枚採用したいカード。復讐状態のまま体力を固定することができ、ブラッドムーンに比べてコストが軽く破壊後も復讐が継続するのが強い。このデッキを暫く使っていて最も評価が上がったのはエルタではなくコレ。

f:id:gigir_poke:20170614114343p:plain

謎枠。エルタとの兼ね合いを考えると、ゾンビパーティやサラマンダーブレスを誘える狂気の処刑人の方が良いかもしれない。上振れ時は最強。次のベルフェゴールが見えていなくても即出しすることで、相手に処理を強要できる。

後は特筆することもなく、普通に強いカードを普通に詰めました。

マリガンに関しては、多くのマッチアップと先後において、ベルフェゴール全力で良いと思います。復讐ヴァンパイアのマナカーブは2コストに大きく傾いていて、ベルフェゴールを探しにいっても2〜3ターン目のプレイができない事態に陥りにくい構造になっている為です。ベルフェゴールがある場合は、相手のデッキタイプに応じて2〜3コスト、ディアボリックドレイン、黒死の仮面などを合わせてキープします。

書きたいことをズラズラ書いていたら長くなってしまった。ブログの締め方を忘れてしまったので適当なテンションで終わります。とりあえず言いたかったのはエルタくんは進化タイミングをマスターすれば意外と刺さるってこと…ではなく、ヴァンパイアみんなすこってねってことです。ヴァンピィちゃんはさいきょーですし!

f:id:gigir_poke:20170614115726p:plain

おまけ1。バハムートくんの静かな着地シーン。

f:id:gigir_poke:20170614115839p:plain

おまけ2。我が胸に燃ゆる怒りを力に変えられなかった花澤香菜×2。イキりエルタには気をつけよう!